どうも、かをです。


 また、変わり種のパロディAVを見つけてしまいました。



 



 はい、「孤独のグルメ」のパロディですね。



 これ、何が面白いかというと、音声が二元なのです。




 つまり、ヤってる音(ギシアンや喘ぎ声)とともに、主人公の心の声がアフレコされていて、同時に流れるわけです。




 たとえば、クライマックス。




 五郎ばりに、



 images






 「だめだ、もう、いきたい」




 とか。





 シチュエーションも、



 images (1)




 だったり。







 まぁ、ぶっちゃけた話、ヌキ目的だといまいちです。





 しかしながら、「コメディ」という概念でとらえるととても面白い。





 どうやらシリーズは2作出ているようですので、気になる方は借りてみてください。




 んでわ!









日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ベストケンコー個人輸入