ども、KWです。

 先般のバンコク旅行、久しぶりに旅行記にまとめてみようと思います。

 ・・・ま、途中で挫折する可能性もありますが、、、


 とりあえず、スタートです。


 ----


 2016年10月8日(土)

 さて、 いよいよ旅立ちの日です。

 とはいえ、昔みたいにわくわく感とかは、まぁぶっちゃけ無くてですね、単純に「ああ、来たか。。。」という静かなもんです。

 出発は成田空港11:00発のTG、なので朝の8時ごろ自宅を出発し、スカイライナーで向かいます。

 

 JR乗り換えで日暮里からスカイライナー。


 で、成田に着いたのは9時ごろ。


 久しぶりに成田第1ターミナルに来たんですが、TGのカウンターの位置が変わっとりまして少々焦りました。




 TGのカウンターは相変わらずの大混雑。

 どうやら、「セルフチェックイン」マシンも導入されたようですね。


 KWは前日に職場からWebチェックインしておいたので、その旨を係員に伝え、専用のカウンターに案内されました。

 荷物も機内持ち込みのみなので、パスポートチェックとチケットの発券だけで終了。




 5分もかからんがな。。。



  まだまだ時間があるので、とりあえず荷物チェック→イミグレの前にツタヤなどをうろうろ。



 


 

 
 エロ本および官能小説の充実っぷりが半端ない。


 やはり需要はあるんですね。

 機内でシコるのか、お土産なのか、、、


 その後、イミグレ→腹が減ったのでマクドナルドでご飯。



 


 で、いよいよボーディング。



 

 機内は3席並びが3列、という仕様でした。


 機内では音楽聞きながら官能小説読んで、寝て、、、を繰り返し、ようやく到着。




 


 オゥ。。。久しぶりの車で移動であります。




 相変わらずスワンナプームのイミグレは激混み、おおよそ30分ほど待たされました。


 で、ようやく通過→バンコクきたった。


 空港ではSIMカードの購入とキャッシングで3万バーツ。


 ちなみに今回は現金はもってきているものの、極力キャッシングでやってみようと思いました。

 当日のレートは¥10,000=3,350Bくらいでした。


 両替とどっちが得か、試してみようかと。


 この辺りは請求が上がってきてからまた書きますわ。



 で、お決まりのエアポートリンクトレイルでマッカサンに向かいます。


 
  
 天気も日が差してきました。


 マッカサンで乗り換え、スクンビット駅→ターミナル21へ。


 KWはこの21の横の喫煙所で煙草を吸うのが一つの儀式になってまして。



 


 いやー、バンコク来たわ!!



 日本語で叫んじゃいました。


 この、じめっと熱い感じ。


 ひと月前の日本みたいな。


 そして、ニコチンのきつい煙草の煙のような匂いが、バンコク来たぞ感を盛り上げますね。



 で、まずは荷物を置きにホテルへ。


 今回、KWはソイ15のこのホテルをチョイスしました。


 キングストーン スイート ホテル バンコク  (Kingston Suites Hotel Bangkok)
 (Agodaより)


 結論から言うと、はずれかな。。。


 乗ってる写真より古い感じが否めません。


 なにより、部屋に歯ブラシがない。。


 これじゃ連れ込むときメンドくせーじゃねぇか。。。


 部屋のドアも木製なんですが、ぶっちゃけ体当たりしたら突き破れるんじゃないか。。って感じです。

 セキュリティとホテルにはこだわるKW的にはこれはなしだな、、、
 
 KW、もちろんほとんど部屋にいることはないのですが、どうしてもゆったり感とか、安心感とか、清潔感とか気になります。多少お金を払ってもいいホテルに泊まりたい。そういう考え方です。
 
 1泊5000円ほどなので高望みしてもしょうがないんですが、、正直、気に入りませんでした。

 ということで、紳士的エロ侍の皆様にはこのホテルはお勧めしません。

 コストは張りますが、21上のグランドセンターポイントかランドマークにすればよかったと後悔です。

 そして早く復活してくれ、プレジデントパレス。

  

 さて、荷物も置いて、一服して、いよいよ初日の夜が始まります。


 今回は3泊4日の短期勝負ですので、一時一秒を惜しんでました、この時は。


 ということで、いそいそとスクンビットに繰り出すKWなのでした。


 (続く)